ストライプカップ ブルー

飛騨高山で作陶をされている
中西忠博さんの「ストライプカップブルー」




ご本人もお好きなコーヒーを美味しく飲むために生まれたカップです。

少し開いた口元が特徴の「ストライプカップブルー」。
ふれた時の心地よさはもちろん、口をつけたところからコーヒーが
伝わってたれてくるのも防ぎます。


コーヒーカップのハンドルも、ひと工夫





持ちやすいハンドルも要チェック。

チョイと人差し指を1本かけても、2本指を入れても、安定感は抜群。
絶妙な直線と角、輪の大きさは、中西さんのこだわりのたまものです。






そして、群青のストライプは、鉄筆で1本1本丁寧に描かれたもの。
その色合いは使うほどに味わい深くなり、愛着が湧いてゆくのです。


独特のマット感は、ずっと触れていたくなる心地よさ。
安定感抜群のフォルムも魅力の看板作品です。

コーヒーを飲むためのカップは
口が少しすぼまっている方が良いとされています。
というのも、コーヒーの抽出温度は85~90度と低め。
口のすぼまりは、その温度を下げないための
工夫でもあります。
陶製ソーサーと合わせてお使いになるのもオススメです。

内側と外側の釉薬は異なるものを使用する
塗分(ぬりわけ)という技法が使われています。
外の釉薬はマットで金属質な黒で、
内側は少し艶のある青みがかった乳白色です。

サイズ 約 直径80-85mm×口径70mm✕ 高75mm
備考  

※表示価格に、送料は含まれておりません。

 

<特記事項>
中西忠博さんの器は赤土を使用し、粉引と呼ばれる技法で、
風合いのある釉薬を使用して作られています。
それぞれの器には以下のような個体差がありますので、
ご了承の上ご注文ください。
ご希望であればお写真をお送りいたします。


A. 粉:土や釉薬に含まれる鉄分が染み出して起こります。
    黒く金属質なので黒色の器では分かりにくいかもしれません。


B. ピンホール:土や釉薬に含まれた空気が
    逃げ出る時にできる針で突いたような穴です。
    白は目立ちますが、黒の方が多くピンホールが
    出ているように思います。


C. 釉ムラ・釉垂れ:釉薬の厚みなどで濃さが変わります。
    手で一つひとつ釉薬をかけているため、
    手の跡なども釉ムラとして出ています。
    また色のムラには粉引の濃さなども関係しています。


D. 御本手:酸素が反応し、部分的にピンク色になる現象です。
    中央にピンホールができていることもございます。
    白など薄い釉薬部分にできますが、
    中西さんの黒色の器ではほとんど見られません。



ストライプカップ ブルー

3,500  (Excluding tax)
Price in points: 3500 points
0347
2 item(s)
+
Add to wish list

Related items

Customers who bought this item also bought